iPad に今のところ唯一入れた、有料アプリ i文庫HD。
すご過ぎます

日本発『i文庫HD』〜驚嘆のiPadアプリとその可能性
- Apple NOIR



なにより、自分でスキャンしたデータ(PDF、Zip圧縮した jpeg)、さらには txt ファイルを表示できるのが素晴らしい

さっそく、手近にあった雑誌、講演資料のスキャンデータを読み込んでみました。読み込み方法も、iTunes のデータ共有機能で簡単。
(もっと手軽な方法もあるらしい。)

で、A4サイズのデータを iPad に表示させてみたら、オ 
充分見れるじゃない

比べてみると、MacBook 13 inch のディスプレイの縦の長さより、iPad の縦の方が長いのです。

だから、MacBook で表示させるよりも、大きく見やすい

さらに、i文庫HD だと指でめくれて、拡大も出来る
こりゃ、画期的です。

なお、ディスプレイの解像度とデータの解像度が違うと変換作業が入るようで、パッとめくるには一瞬タイミングが遅れます。

そこで、iPad のディスプレイサイズの 768×1024 に近くしたら、一瞬でめくれるようになりました
ただし、この解像度だと拡大したときに、ギザギザになってしまうので、ちょうど倍の 1536×2048 にしたら、まあまあの反応速度で,
なおかつ拡大してもそこそこ綺麗に表示できました。
データの解像度については、もうちょっと検討が必要かもしれません。

ちなみに、スキャンした jpeg データは zip 圧縮しても、PDF に変換しても、表示速度に差はないようです。


これからは、もうどんどん資料をスキャナで取り込んじゃいたくなりました。今は、自炊っていうみたいですね

scansnapと裁断機体験 - 堀江貴文オフィシャルブログ


ドキュメントスキャナと裁断機買おうかしら