8mmビデオテープをダビングする方法についてまとめてみました。
(参考→「miniDVテープを Mac に取り込む方法」)


1.8mmビデオカメラからパソコンに取り込む

ビデオカメラとパソコンの USB ポートを市販の「ビデオキャプチャー」ケーブルでつなぎます。
(ただし、Mac に対応している製品は現在ないようです。)

撮影日時は、(再生時に表示させれば)そのまま映像に入ります。

・ビデオキャプチャーの製品例;

今回は、この方法は行いませんでした。


2.8mmビデオカメラから miniDVビデオカメラにダビング

8mmビデオカメラと miniDVビデオカメラをアナログの映像ケーブルでつなぐ方法です。
8mm 側で再生しつつ、miniDV 側で録画します。

撮影日時は、(再生時に表示させれば)そのまま映像に入ります。

ダビングした miniDVビデオテープの映像をパソコンにダビングします。
これから先の手順については;
→・miniDVビデオテープをダビングする 4つの方法


3.8mmビデオカメラからブルーレイレコーダーにダビング

ビデオカメラとブルーレイレコーダーをアナログの映像ケーブルでつなぐ方法です。
ビデオカメラで再生しつつ、ブルーレイレコーダーで録画します。 
 
撮影日時は、(再生時に表示させれば)そのまま映像に入ります。

ブルーレイディスク、あるいは DVD に焼いた後の手順については;
→・ 
DVD の動画を Mac に取り込んで、H.264 に変換する方法


※註;
最後に H.264 に書き出す設定についてですが、
HandBrake では、miniDV と同じく High Profile にしても、できたH.264 データのデータレートは 2.5〜3.5Mbps 程度でした。
それに合わせると、iMovie での QuickTime を使った書出しでも、データレートは 3500kbps 程度でいいのかもしれません。


以上の方法のうち、今回は 2.と 3.の方法について行いました。