8mm や miniDVビデオカメラなどで撮ったホームビデオを DVD にダビングしている人も多いと思います。

この DVD データを Mac で読み込んで編集する際に、iMovie では読み込むメニューがなく困りました。

その時の対処法 2つです。
(参考→・DVD の動画を Mac に取り込んで、H.264 に変換する方法


1.「ディスクユーティリティ.app」で DVDデータを一旦 .cdr データにコピーする方法

Macintosh HD>アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティ.app
にある、「ディスクユーティリティ.app」を起動します。

起動後、DVD をディスクドライブに挿入すると、左列の「SuperDrive」下の「DVD_VIDEO_RECORDER」等と DVD が表示されます。

メニュー>ファイル>新規>"DVD_VIDEO_RECORDER"からのディスクイメージ を選択。

適当なファイル名をつけて、イメージフォーマット;DVD/CD マスター を選択し、保存。これで、DVD データが .cdr データ形式で Mac に保存されます。

iMovie を起動し、.cdr データをダブルクリックします。iMovie の読み込み画面が開いて、「カメラ」に .cdr データが表示されますので、それを選択して通常と同じ読み込み操作をするだけです。



2.HandBrake で H.264形式に変換して読み込む方法

DVD データを無料のデータフォーマット変換ソフト HandBrake で H.264 に変換します。(プリセットで、高画質な High Profile を選択)

変換した H.264 データを iMovie で読み込みます。 
メニュー>ファイル>読み込み>ムービー
で変換した H.264 データを選択するだけです。 

この方法だと、HandBrake、iMovie と2回データを変換するので、やたら時間がかかります。(各々、元の動画の4倍位。)

ただし、画質はなぜか .cdr データを直接 iMovie で読み込んだものより良い印象を受けました。
よかったら、比較検討してみて下さい。