noanoa 日々の日記

micro:bit、Scratch、Minecraft @小学生向けプログラミング教室(三鷹)

トラブル

Snow Leopard 導入(5)〜 起動音のトラブル

Mac のジャ〜ンっていう起動音。大きすぎるので、いままでは Mutecon を使っていました。
(終了する前の音量を引き継ぐので、終了するとき毎回ボリュームを絞ればいいんだろうけど...)
で、Snow Leopard  に対応という、MuteCon 1.10 を入れてみたんですが...

どうも、思う通りに設定ができません。
起動音の音量設定/ミュート、Mac 起動後の音量設定/ミュートの設定ボタン通りにならなくて...

とうとうアンインストールしたのに、起動後の音量が常にミュートしてしまうように 

ゲストでログインしても、セーフブートしても同じです。
こういうときは、初期設定ファイルが壊れていることが多いらしいです。

そこで、Macintosh HD →ライブラリ→Preferences →Audio
の中の初期設定ファイル
com.apple.audio.DeviceSettings.plist や com.apple.audio.SystemSettings.plist  を削除

(オリジナルはどこかに保存しておいた方がもちろんよい)して、再起動。

すると、みごと直りました 

(削除した初期設定ファイルは、再起動した際に、また新たに作られるので、もう不要。) 

MuteCon のせいか分からないけど、今回は気分を変えて
StartupSound.prefPane

を入れてみました。
今のところ、快調です 


マシン;MacBook (Late 2007)
 

Snow Leopard 導入(4)〜 Mail.app のトラブル

Mail.app を3カラム表示にするプラグイン WideMail。
まだ、Snow Leopard 未対応です

さらに、プラグインを入れたまま、Snow Leopard を導入したら、件名が表示されなくなってしまいました

その対処法も HP に書いてあるのですが、日本語でも

なんでも、開発ツールの Xcode を追加インストールしなきゃいけないそうです。

で、その通りやってみたら、ちゃんとできましたよ 

あとは、WideMail の対応待ちか、Letterbox に乗り換えでしょうか?
 

Mac に久々ハマった(3)〜ファイル共有

前の記事で、大量のファイルを移動するハメになり、LAN でつないでファイル共有を使うことにした。

2台の MacBook をLAN でつないで、ファイル共有を設定。

試しに、お互いに共有フォルダを設定して、ネットワーク越しに他方のマシンにログインして、共有フォルダが見えるかやってみたら、なぜか一方のマシンから他方のマシンにログインできない 

再起動したりしてみてもダメ。

ここで、例によって net で検索すると...

「ファイアウォールを見よ」とのこと。

すると、ログインできない方のマシンは、ファイアウォールの設定が最も厳しい「必須サービスのみ許可」 だった。
一方、ログインできるマシンの方は、少しゆるい「特定のサービスおよびアプリケーションにアクセスを設定」だった。

で、 ログインできないマシンも、「必須サービスのみ許可」に変えると無事ログインできるように

ふぅ〜、なかなか難しいね

マシン;MacBook (Early 2008)、(Late 2007)
ソフト;OS X (Leopard)

Mac に久々ハマった(2)〜iPhoto

今度は、別のMacBook で iPhoto を動かしていたら、いきなり
「フォトライブラリの保存中にエラーが起きました」
というエラーが何度も

で、net を検索すると同じようなトラブルの相談を発見

「Command + Optionキーを押しながら、iPhotoを起動すると、ライブラリの再構築を行える」

とのこと。
でも結果は、残念ながらこの相談者と同じで、改善せず

気になるのは、状況も似ていて、
「iPhoto Library」を共有フォルダに移して、家族で共有して使っていたこと。

これって、どうもトラブルの元らしい

主にアクセス権の問題で...
一応、「情報を見る」→「共有とアクセス権」で全員のアカウントを追加して、「読み/書き」可能にして、さらに「内包している項目に適応」もしといたんだけど...
別のアカウントで写真を追加した時にでも、変なアクセス権が発生したのかも...

一応、Apple のサポートでは;
iPhoto: 複数のユーザでライブラリを共有する」で、
1.外付けHDD に「iPhoto Library」を置く。
2.ディスクイメージを作成して、それを共有フォルダに置き、そのディスクイメージ内に「iPhoto Library」を置く。
というどちらも、あまり気の進まない2つの方法しか紹介していない。

だれでも思いつく、iPhoto Library」を共有フォルダに置くという方法をあえて紹介してないところに、この問題の解決が難しさが出てるな

で、実際どうしたかというと...
写真の枚数を見ると25000枚以上
これも、トラブルの元でしょう
よくチェックしてみると、その内20000枚以上が CD-ROM でもらった写真。ほとんど要らないので、思いきって他に移動の上、削除しました

そしたら、なぜだかエラーが出なくなりました
とりあえず、これで様子みることに。

移動した20000枚は必要な物だけにするという大仕事が残った...


マシン;MacBook (Early 2008)
ソフト;OS X (Leopard)、iPhoto '08
 

Mac に久々ハマった(1)〜セーフブート

ここんとこ連続で Mac にハマった
その覚え書き。

それは突然の出来事だった。

ある朝、いつものように MacBook の電源を入れると、みょ〜に起動が遅い。しばし待つと...初めて見る「セーフブート」画面

びっくりしたけど、再起動したら何事もなく普通に起動

何だったんだろう?

それで初めて知ったこと;

「シフトキーを押しながら電源入れるとセーフブートする」
 
もしかして、シフトキーに何か物が乗ってたかなぁ

とりあえず、解決ってことで

ちなみに;
マシン;MacBook (Late 2007)
ソフト;OS X (Leopard) 
プロフィール
薬剤師なのにコンピュータが好き、鍼灸マッサージ師なのにプログラミングが好き。小中高校生向けのプログラミング教材を作るのが現在の日課。micro:bit、Scratch、Minecraft、Rubyなどで作成中。 FIREして2019年に世界一周クルーズしました。














月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索