noanoa 日々の日記

micro:bit、Scratch、Minecraft @小学生向けプログラミング教室(三鷹)

自炊

自炊 始めました:電子書籍を Mac で読むには #bookscanning2010

出来た電子書籍を読むのには;
iPad なら i文庫HD で決まり!だけど、
Mac だとどうでしょ? 

まず、Mac 標準のプレビュー。
これでも、見開き表示は出来るけど、やっぱり読みにくい
右綴じでは見開き表示できないし。

っていうんで、探すと;

ComicViewer
CooViewer

というのがあった

どちらもほぼ同じ使い勝手で、PDF データなどを見開きで快適に表示してくれる。右綴じにも対応。

こらなら快適です 


自炊 始めました:ScanSnap S1500M + PK-513L で電子書籍に #bookscanning2010

業者に送って、スキャンしてもらうのもいいけど、紙の書類も沢山あることに気がつきました

これって、やっぱ自分でスキャンするしかないよね。

っていうんで、定番の機器を買いそろえました。

ドキュメントスキャナ:ScanSnap S1500M(Mac用)
断裁器: PK-513L

合わせて7万円位の出費 大きいね

本を裁断して、スキャンして、電子化する流れはあちこちに載ってますね。

電子書籍「自炊」完全マニュアル:書籍を「裁断→スキャン」して電子書籍端末で読むメリットとデメリット
- 誠 Biz.ID


電子書籍“自炊”入門!
- デジモノステーション編集部ブログ


裁断機PLUS PK-513Lで雑誌を裁断してScanSnap S1500Mで取り込み、Dropboxで共有してGoodReaderでiPhoneに入れてみた!!
 - No Second Life



ところで、PK-513L ていう断裁器。
値段もさることながら、デカイ、大きい、場所を取るという代物なんです

で、本の裁断だけをやってもらうという手もあります。

【iPad自炊】 裁断機が大きくて重くて高いし邪魔だからキンコーズでやってもらったよ
- IDEA*IDEA 〜 百式管理人のライフハックブログ
 

自炊レポ:裁断サービスが驚きの素早さ
- 非モテタイムズ


キンコーズへ持ち込んだり、裁断業者に送ったり。
これはこれで、アリかも。

こんなサービスまであるそうです;

電子書籍自炊派に朗報、裁断機の刃の切れ味を復活させるサービスが開始
- GIGAZINE




ともあれ、実際に自炊してみました

本の裁断はあっという間。
ScanSnap でのスキャンは、速い。
けど、思ったより、紙づまりする。これで、何度もやり直した。

案外、面倒くさい。というか、やるぞ!って気合いがないと、ついつい後回しに
(実は試しにやってから、本番に取りかかれていません

これなら、本はスキャン代行業者に送っちゃった方が早いなぁ

どうしよ。
 

自炊 始めました:BOOKSCAN に依頼してみた #bookscanning2010

iPad の出現で一気に盛り上がる電子書籍ですが、
手持ちの本をスキャンして電子化する "自炊" も盛り上がってますね 

で、ちょうど引っ越しするという事もあり、貯まった書籍を片づける為に試してみました。

まず、スキャン代行業者に依頼する方法。
(これって、自炊じゃなくて、他炊?)

いち早く参入して、その激安で話題になった BOOKSCAN

試しに登録してみたら、大人気の為、数ヶ月待ち
待ちくたびれた頃に、指定期日が来て、本を送付。
数日でスキャンされたデータが、PDF で手に入りました。

出来たデータを見ると、読むのに充分な品質です

まぁ、自分でやらなくてすむので、一番楽かも 
料金は 1冊100円(350ページまで)。OCR 化もすると 200円。

たとえば、100冊頼んでも、20000円。
スキャナと断裁器を買うと、約70000円です。
300冊は出来ます。それに、自分でやる手間もなし。

一時、本気で全部の本を依頼しようかと思いました。

しか〜し、一番の問題は、待ち時間の長さ。これじゃぁ、気楽に頼めないよぉ

それと、BOOKSCAN では表紙カバーをスキャンしてくれない。残念。(表紙カバーもスキャンしてくれる業者もあるそうです。)

どうしようかなぁ
 
プロフィール
薬剤師なのにコンピュータが好き、鍼灸マッサージ師なのにプログラミングが好き。小中高校生向けのプログラミング教材を作るのが現在の日課。micro:bit、Scratch、Minecraft、Rubyなどで作成中。 FIREして2019年に世界一周クルーズしました。














月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索