noanoa 日々の日記

micro:bit、Scratch、Minecraft @小学生向けプログラミング教室(三鷹)

電子書籍

J. K. ローリングの新作『カジュアル・ベイカンシー』の原書(電子書籍版)は、日本からは購入できない

『ハリーポッター』で有名な J. K. ローリング初の大人向け新作、『カジュアル・ベイカンシー』(日本語版)は、電子書籍も同時発売になりました。

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 [Kindle版]
著者:J.K.ローリング
販売元:講談社
(2012-12-01)
販売元:Amazon.co.jp


そこで原書の『The Casual Vacancy』も見たくなりますよね。当然、電子書籍版もあるはず。

ところが、Amazon.co.jp では Kindle版電子書籍の取扱いは無し。洋書の電子書籍は Amazon.com で買えということでしょうか。


そこで、Amazon.com で検索すると、もちろんありました。

amazoncom

The Casual Vacancy [Kindle Edition]
J.K. Rowling (Author)
Amazon.com
 







ところが、購入画面に進むと、アカウントの住所が日本だと「著作権の制限のため日本では購入できません」のような表示がされます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○○○, this title is not available for you.

Due to copyright restrictions, the Kindle title you're trying to purchase is not available in your country: Japan.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

さらに、Amazon.com の商品検索画面でも、「Your Country or Region」のタブで「Asia & Pacific」を選んだ時には、『The Casual Vacancy』(Kindle Edition)自体の検索表示もされなくなってしまいます。
他の国/地域(United States など)にすれば表示されるという、なんたる差別! 

Amazon.co.uk でも、日本の住所のアカウントで購入できないのは同じでした。



さらには、日本の「楽天 koboストア」でもこうなってしまいました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このコンテンツはお客様の国ではご利用いただけません。

このコンテンツは利用できる国が限られており、現在のところ、お客様の国ではこのコンテンツの閲覧および購入ができません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーー
 
 
どうやら、日本では『The Casual Vacancy』の電子書籍版の販売は、どこの電子書籍ストアでも許可されていないみたいです。

 
つまり、こういうことみたいです;
電子書籍は国によって買えるものと買えないものがある。
外国の電子書籍ストアに行っても、アカウントが日本だと購入できないものはできない。


電子書籍の制限って、DRM とか、フォーマットとか、ストア毎とかいろいろあるけど、国による制限まであるとは。

電子書籍ってなかなか厄介なんだなぁ。


おまけ;
Amazon.com のアカウントと Amazon.co.jp のアカウントは基本的には別扱いですが、Kindleライブラリの統合(購入した Kindle本の管理をひとまとめにすること)はできます。

以下を参照;
アカウントの結合 - Amazon.co.jp ヘルプ
日米Kindleアカウントを結合しても購入ストアは自由に切り替えできます - 代助のブログ

ただし、統合した方がいいのか、統合しない方がいいのか、微妙なところがあるようです。

話題の電子書籍『Gene Mapper』を読んだ(ネタバレあり)

iPad mini と Kindle Paperwhite を買うきっかけになった、話題の電子書籍『Gene Mapper』(藤井太洋 著)。

読み始めたらあっという間に読み切ってしまった。

その感想;
SF小説として、面白い。充分楽しめた。


以下;ネタバレになるんでご注意ください;

 .
 .
 .
 .
 .
 .
 .
 .
 .
 .
 .
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読んでいて、まず思い浮かんだのが、
マイクル・クライトンの『恐怖の存在 』 。

環境保護団体が、自らの主張を知らしめるために環境テロをしかける、っていう作品の構図はとても似ている。
『恐怖の存在』では地球温暖化だったのが、『Gene Mapper』では遺伝子組み換え作物に当たる。

まぁ、環境保護=善 とは必ずしも言えないのは、日本だと鯨をめぐる過激な団体の存在などでかなり知られているが、それでも SFらしい着想ではある。
そして、これは東日本大震災後の混乱を明らかに意識してのことだろう。


さらに、遺伝子コード(配列)とコンピュータコード(プログラム)の類似性を押し進めて、遺伝子操作とコンピュータプログラミング(主に Web関連)を同じ次元で扱ったのも面白い。
「見立て」の楽しさというか、知っているひとには「そういうことね」と思わせるサービスになっている。


そして、もうひとつのポイントは「拡張現実」の普及した社会の描写。外見からは分からない位進化したデバイスを全員が身につけるほど拡張現実が普及し切った社会で、登場人物たちの振る舞う様子がよく描かれている。

例えば、拡張現実をONにする動作が、コンタクトレンズや網膜への直接投影ではまばたき2回だが、電脳メガネ(?)の時代のずり上げる動作がメタファーとして残っていたり。
素手で戦うときも、なかなか拡張現実をOFF にしない奇妙さだったり。なかなかウマい。

未来になっても結局人間の考えること、感じること、行動は同じだ、という話しもいいが、拡張現実が普及した社会での人々の考え方、感じ方、行動はこんなにも違ってしまう、という話しを読むのはとても刺激的だった。
なにしろ、携帯電話というものの普及だけで、ここ10〜20年の社会がこんなにも変わったことを実感しているのだから。


最後に、作中の遺伝子組み換え作物についても、一ひねりも二ひねりも加えてある。
初期の(現代の)遺伝子操作作物(GMO)の惨事から、蒸留作物の登場、そしてデザイン作物への進歩。

遺伝子組み換え作物の被害者が遺伝子組み換え作物を擁護し、逆にそれに反対する団体が被害者たちを差別的に弱者としか見ない、などなど。
 

デビュー作で、個人出版で、電子書籍だけで、開始早々のKindleでいきなりベストセラーで、と内容以前に話題豊富な作品だが、内容だけでも今年読んだ小説のうちで、最もワクワクした作品だった。


作者の次回作に期待。
で、作者ブログによると、いろいろと控えている様子。楽しみ。
・「SFマガジン」2013年2月号;Gene Mapper世界関連の短編。
・セルフ・パブリッシング;『Orbital Cloud』
・さらに、もうひとつ



Gene Mapper (ジーン・マッパー)Gene Mapper (ジーン・マッパー)
著者:Fujii Taiyo
販売元:Taiyo Lab
(2012-07-12)
販売元:Amazon.co.jp


恐怖の存在 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-25)恐怖の存在 上 (ハヤカワ文庫 NV ク 10-25)
著者:マイクル・クライトン
販売元:早川書房
(2007-08-08)
販売元:Amazon.co.jp


Macでも XMDF 電子書籍が読めるようになった!;Kinoppy for Mac

今まで XMDF形式の電子書籍は、Mac では読めず悔しい思いをしてきました。

それが、ついに XMDF 対応の Mac版電子書籍リーダーが登場しました! 

Kinoppy for Mac
(→  App Store からダウンロード

なお、無料アプリですが、使用するに はBookWeb への会員登録(無料)が必要です。


このアプリの何より嬉しいところは、紀伊国屋書店 BookWeb で購入したのでなくても、DRMフリーならばファイルを読み込めること。

手順としては、メニュー>ファイル>ファイルを開く、で .zbf ファイルを選択。
(本棚に登録したいときは、パネルの下にある「ライブラリへインポート」にチェックを入れる。)


過去にダウンロードした XMDF形式の電子書籍を読み込んでみたところ、ちゃんと表示され、フリック操作でページがめくれました。
(まだ、不安定なところがあり、何度かアプリが落ちることもありましたが。)


電子書籍リーダーとしては、最近のもの(iBooks、Kindle など)とデザイン、使い勝手ともほぼ同じ。

.book、EPUB、PDF なども読み込めるそうなので、かなり使い道がありそう。


なお、先行する Kinoppy for iOS でも、同様のことが出来るそうなので、XMDF形式の電子書籍は iPhone、iPad でも同じく読めますね。


さらに、ニュース!
eBookJapanのAndroid版ブックリーダーが「.book」「XMDF」にも対応 - eBookJapan

 |12月にiPad、2013年1月にiPhoneへの対応を予定し、
 |以降WindowsPC、Macへと展開してまいります。 


また一つ、XMDFリーダーが Mac に登場しそうです。
(外部ファイルを読み込めるかは不明ですが。)


iPad mini と Kindle Paperwhite で読む電子書籍の向き不向き

iPad mini (Wi-Fi) と Kindle Paperwhite (3G) を買いました。


P1050275
(画面は「Gene Mapper」藤井太洋 著) 


Amazon Kindleストア もオープンして、電子書籍をタブレットで読んでみたい!という気分が一気に盛り上がりました。
そういう意味では、私にとって今年は間違いなく電子書籍元年です。

なので、ここでは主に2台の電子書籍リーダーとしての使い勝手を。

まず、iPad mini;
・手に持つのに手頃な大きさ(iPad に比べて軽い!)
・カラー表示
・ページ送りがサクサク
・いろんな種類の電子書籍が読める(Kindle 以外にも)
・マンガも充分読める。っていうか、マンガ専用リーダーかと思うぐらい。(横向きに見開き表示にしても、なんとか読める)
・液晶画面でずっと読んでると、やはり目が疲れる感じ


次に、Kindle Paperwhite;
・手に持つに手頃な大きさ(iPad mini よりコンパクト。でも文字を読むには充分)
・ 白黒表示
・E Ink の反応は、やっぱりモッサリ。パラパラページを送るのは不可能。
・読める電子書籍は、基本的に Kindle 本のみ
・マンガは読みづらい (ページ送りが遅い。ページ送り毎に白黒反転する。白黒の画像表示でも液晶には劣る)
・ E Ink は反射光 + ライトで目には負担が軽そう
・電池寿命が長い(公称 8週間)
・Wi-Fi 設定がうまくいかない場合もある(なので、3G版がおすすめ)
 
 
なんか、iPad mini 万能!という感じに見えますが、Kindle Paperwhite は小説などの読書専用と考えると、うまく棲み分けできそうです。

自炊 始めました:電子書籍を Mac で読むには #bookscanning2010

出来た電子書籍を読むのには;
iPad なら i文庫HD で決まり!だけど、
Mac だとどうでしょ? 

まず、Mac 標準のプレビュー。
これでも、見開き表示は出来るけど、やっぱり読みにくい
右綴じでは見開き表示できないし。

っていうんで、探すと;

ComicViewer
CooViewer

というのがあった

どちらもほぼ同じ使い勝手で、PDF データなどを見開きで快適に表示してくれる。右綴じにも対応。

こらなら快適です 


自炊 始めました:ScanSnap S1500M + PK-513L で電子書籍に #bookscanning2010

業者に送って、スキャンしてもらうのもいいけど、紙の書類も沢山あることに気がつきました

これって、やっぱ自分でスキャンするしかないよね。

っていうんで、定番の機器を買いそろえました。

ドキュメントスキャナ:ScanSnap S1500M(Mac用)
断裁器: PK-513L

合わせて7万円位の出費 大きいね

本を裁断して、スキャンして、電子化する流れはあちこちに載ってますね。

電子書籍「自炊」完全マニュアル:書籍を「裁断→スキャン」して電子書籍端末で読むメリットとデメリット
- 誠 Biz.ID


電子書籍“自炊”入門!
- デジモノステーション編集部ブログ


裁断機PLUS PK-513Lで雑誌を裁断してScanSnap S1500Mで取り込み、Dropboxで共有してGoodReaderでiPhoneに入れてみた!!
 - No Second Life



ところで、PK-513L ていう断裁器。
値段もさることながら、デカイ、大きい、場所を取るという代物なんです

で、本の裁断だけをやってもらうという手もあります。

【iPad自炊】 裁断機が大きくて重くて高いし邪魔だからキンコーズでやってもらったよ
- IDEA*IDEA 〜 百式管理人のライフハックブログ
 

自炊レポ:裁断サービスが驚きの素早さ
- 非モテタイムズ


キンコーズへ持ち込んだり、裁断業者に送ったり。
これはこれで、アリかも。

こんなサービスまであるそうです;

電子書籍自炊派に朗報、裁断機の刃の切れ味を復活させるサービスが開始
- GIGAZINE




ともあれ、実際に自炊してみました

本の裁断はあっという間。
ScanSnap でのスキャンは、速い。
けど、思ったより、紙づまりする。これで、何度もやり直した。

案外、面倒くさい。というか、やるぞ!って気合いがないと、ついつい後回しに
(実は試しにやってから、本番に取りかかれていません

これなら、本はスキャン代行業者に送っちゃった方が早いなぁ

どうしよ。
 

自炊 始めました:BOOKSCAN に依頼してみた #bookscanning2010

iPad の出現で一気に盛り上がる電子書籍ですが、
手持ちの本をスキャンして電子化する "自炊" も盛り上がってますね 

で、ちょうど引っ越しするという事もあり、貯まった書籍を片づける為に試してみました。

まず、スキャン代行業者に依頼する方法。
(これって、自炊じゃなくて、他炊?)

いち早く参入して、その激安で話題になった BOOKSCAN

試しに登録してみたら、大人気の為、数ヶ月待ち
待ちくたびれた頃に、指定期日が来て、本を送付。
数日でスキャンされたデータが、PDF で手に入りました。

出来たデータを見ると、読むのに充分な品質です

まぁ、自分でやらなくてすむので、一番楽かも 
料金は 1冊100円(350ページまで)。OCR 化もすると 200円。

たとえば、100冊頼んでも、20000円。
スキャナと断裁器を買うと、約70000円です。
300冊は出来ます。それに、自分でやる手間もなし。

一時、本気で全部の本を依頼しようかと思いました。

しか〜し、一番の問題は、待ち時間の長さ。これじゃぁ、気楽に頼めないよぉ

それと、BOOKSCAN では表紙カバーをスキャンしてくれない。残念。(表紙カバーもスキャンしてくれる業者もあるそうです。)

どうしようかなぁ
 
プロフィール
薬剤師なのにコンピュータが好き、鍼灸マッサージ師なのにプログラミングが好き。小中高校生向けのプログラミング教材を作るのが現在の日課。micro:bit、Scratch、Minecraft、Rubyなどで作成中。 FIREして2019年に世界一周クルーズしました。














月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索