noanoa 日々の日記

micro:bit、Scratch、Minecraft @小学生向けプログラミング教室(三鷹)

ipad

テザリングしたいから docomo のアクセスポイントモード対応機種から選ぶ

モバイルでインターネットにつなげたい手持ちマシンがどんどん増えてます。

・docomo ケータイ(フィーチャーフォンと言うらしい) 
・iPhone
・iPad
・MacBook

で、3G回線につながるのが docomo と iPhone。
他は、外出先ではインターネットにつなげません。

最近はモバイル Wi-Fi ルーターも出てきていますが、そうするとまた荷物が増えてしまいます。

それに、docomo と iPhone 両方にパケット料金を払うのもなんかムダ。

今は iPhone のパケット通信は OFF にして、自宅と職場(とマクドナルド)の Wi-Fi だけで使用中です。

まぁ、外出先でガシガシ使うわけでもないので、これですんでます。


そこでずっと考えてるのが、3G回線を Wi-Fi で飛ばしてくれるテザリング。
iPhone 4 からは、機能としては対応してけど、SoftBank は対応させてないみたいですね。

逆に、docomo はアクセルポイントモードという名前で、テザリング機能を搭載させてきてます。

ドコモN-02Bのアクセスポイントモード使用記録〜ドコモの音声携帯でのテザリング
 - 勝間和代公式ブログ/ 私的なことがらを記録しよう!!



これがあれば、荷物も増やさずに、iPhone(パケット通信 OFF)、iPad(Wi-Fi)、MacBook すべてが外出先でもインターネットに接続できるようになります 

料金、電池の持ちに難点があるみたいですけど、 絶対に狙い目ですよね

そろそろ、docomo F905i から機種変更かな?


ちょうど発表になった 2010-2011 冬春モデルが発表になりました。

アクセスポイントモード対応機種は3つ
・F-01C
・SH-01C
・N-02C 

この中だと、F905i の待受け画面にカレンダーのスケジュール最新2件表示という機能を愛用してるんで、 F-01C かなぁ
デザインも、F-06B に比べて普通だし。
(F-06B のデザインはどうしても馴染めず、パスした。)

これって、他メーカーはおろか、iPhone でも出来ない機能なんで F を止められないんだよねー


iPad のキラーアプリは i文庫HD か !?

iPad に今のところ唯一入れた、有料アプリ i文庫HD。
すご過ぎます

日本発『i文庫HD』〜驚嘆のiPadアプリとその可能性
- Apple NOIR



なにより、自分でスキャンしたデータ(PDF、Zip圧縮した jpeg)、さらには txt ファイルを表示できるのが素晴らしい

さっそく、手近にあった雑誌、講演資料のスキャンデータを読み込んでみました。読み込み方法も、iTunes のデータ共有機能で簡単。
(もっと手軽な方法もあるらしい。)

で、A4サイズのデータを iPad に表示させてみたら、オ 
充分見れるじゃない

比べてみると、MacBook 13 inch のディスプレイの縦の長さより、iPad の縦の方が長いのです。

だから、MacBook で表示させるよりも、大きく見やすい

さらに、i文庫HD だと指でめくれて、拡大も出来る
こりゃ、画期的です。

なお、ディスプレイの解像度とデータの解像度が違うと変換作業が入るようで、パッとめくるには一瞬タイミングが遅れます。

そこで、iPad のディスプレイサイズの 768×1024 に近くしたら、一瞬でめくれるようになりました
ただし、この解像度だと拡大したときに、ギザギザになってしまうので、ちょうど倍の 1536×2048 にしたら、まあまあの反応速度で,
なおかつ拡大してもそこそこ綺麗に表示できました。
データの解像度については、もうちょっと検討が必要かもしれません。

ちなみに、スキャンした jpeg データは zip 圧縮しても、PDF に変換しても、表示速度に差はないようです。


これからは、もうどんどん資料をスキャナで取り込んじゃいたくなりました。今は、自炊っていうみたいですね

scansnapと裁断機体験 - 堀江貴文オフィシャルブログ


ドキュメントスキャナと裁断機買おうかしら


 

iPad の登場で「パソコンは滅びる」(坂村健)が現実に?

iPad を触って、こりゃホントにパソコンはいらないかもしれないと思いました。

それで思い出したのが;

痛快!コンピュータ学』坂村健 著(1999年) 

この本に、「あと10年でパソコンは滅びる?」 という表題で;

「いわゆるパーソナル・コンピュータはおそらく10年かそこらで主役から落っこちてしまうのではないかと私は予測しているのです。」

と書いてありました。

IMG_0005a


今年が11年目です。
その間に、携帯電話がパソコンのかなりの機能をまかなえるようになりました。そして、iPad は画面サイズからもパソコンに取って代われるほどの機能を備えて登場しました。

なにより、iPad の操作は従来のパソコンは使えなかった私の父でも、初めて扱えたように、とても簡単です。

もちろん、パソコンがすぐになくなるわけではないでしょうが、ちょうど iPhone が登場して従来の携帯電話がすっかり色あせてしまったように、パソコンも色あせた存在になっていきそうです。


痛快!コンピュータ学 (痛快!シリーズ)痛快!コンピュータ学 (痛快!シリーズ)
著者:坂村 健
販売元:集英社インターナショナル
発売日:1999-11-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


痛快!コンピュータ学 (集英社文庫)痛快!コンピュータ学 (集英社文庫)
著者:坂村 健
販売元:集英社
発売日:2002-03-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

 

iPad を人に見せびらかすコース一巡り

iPad、すでに感想が山のように書かれていますが、やはり私的感想をひとつ


まず、見た目ははまさしく大きな iPhone

でも、この大きくなった画面が全く違った感覚を与えるから、物理的大きさって大事なんだなぁ


で、みんなに見せびらかしてウケの良かったコースを一巡り紹介します。

・マップ
iPhone にもあったけど、画面が大きくなるとみんな、オォっとウケます。

・産経新聞HD
これで、新聞読めるじゃない!さらに、指で文字が拡大できるなんて。

・i文庫HD
やはり、本も読めるの?って聞かれます。でも、Apple の iBooks はみな英語の本ばかり
で、日本語の本が読めるアプリが i文庫HDです 
700円の有料アプリですが、これは絶対入れる価値あり!本家の iBooks より出来が良いくらいの素晴らしいソフト。著作権の切れた青空文庫のデータが最初から内蔵されているので、「坊ちゃん」とかすぐ読めます。

・写真
写真もこの大きさに表示されると、全然違います。デジタルフォトフレームとして、ずっとスライドショーしていてもいいくらい。BGMも流せるし。

・Safari
最後は、インターネットの HP を表示させると、これはもうパソコンと同じじゃないかと思うくらい。やはり、iPhone じゃ小さ過ぎます。
逆に言うと、iPad で充分じゃない!っていう感じです。ちょっとした調べ物なら、パソコンは必要ない、というくらい見やすく表示されます。
ちょっと文字が小さいと感じたら、横画面にすれば少し大きくなるし、指で拡大もできます。

・ソフトキーボード
iPhone では、やはり小さ過ぎました。iPad なら、楽々打てます。


それで、気になった点をいくつか。
・持った感じが、予想以上に重い
片手で扱うには重過ぎます。もうちょっと、軽ければ...

・かな漢字変換がまだまだです。キーボードはオプションのキーボードを使うにしても、快適に変換してくれなきゃ。
せめて、変換、無変換、カタカナ変換が指定できればいいのに。「ことえ」り並にならないと、長文打つには、嫌になってしまう。

・Safari の機能がまだ、ちょっと。
Flash は諦めるとしても、まだ表示できないページがあります。オンライン注文しようとしたサイトがうまく表示できなくて、ちょっとショック そのために買ったようなものだったのに


総合すると、これは最強のビューアといえます

コンピュータの画面を持ち運ぶ、手で持って見るということが、いままではまだ出来ていなかったんだ、改めて思い知らされます。

この全く新しい感覚が、アラン・ケイの ダイナブック構想だったのかもしれません。

これはもう戻れないかも

Apple Store 銀座は、iPad ですごい混雑

c168e7bc.jpg
アクセサリ見ようと思ったけど、あきらめた。

iPad ホーム画面

6895aa11.jpg
同期が終わって、ホーム画面が出ました 画面綺麗〜 ちょっと重〜 その場にいた、みんな欲しがったってことは、どれだけ売れるんだ〜

iPad 到着!

ce07f766.jpg
iPad Wi-Fi 16GB版、Apple Store から本日と到着 まずは開封して、設定ね

iPad は Alan Kay の夢見た Dynabook を遂に実現した !?

Apple ジョブズCEO、「"これ(タブレット)"は私の成果で最も重要なもの」
- マイコミジャーナル


とまで語っている、話題の iPad。

これを見たら思い出さずにはいられないのが、
パーソナルコンピュータ名前と概念を初めて語った
アラン・ケイ(Alan Kay)のダイナブック(Dynabook)構想です


"A Personal Computer for Children of All Ages" Alan C. Kay (1972)
という論文に出てくる、Dynabook という理想のコンピュータの事です。

Kay72p2


Kay72p4

(図は上記論文より)


似てる 
というか、この Dynabook の暫定版である Alto を、1979年末にスティーブ・ジョブズが見て、 Lisa 、そして Macintosh を開発したといわれています。(Wikipedia より。)

だから、先祖帰りというか、遂に Dynabook を実現したとも言えます。
そういう意味で、「最も重要な成果」とジョブズが語ったのかもしれません。


まぁ、Dynabook 構想では、A4 サイズで、キーボードが付いていて、子供が簡単にプログラミング出来るというところが、違うといえば違います 

ただ、ソフトキーボードも使えるし、アプリがダウンロード出来る事も考えると、これはもう アラン・ケイの夢見た Dynabook と呼んでもいいのでは? と思います。


あとは、実物を早く触ってみたいですね 

同じように思った人も多いようですね。
〈参考記事〉
iPadはまさしくアラン・ケイの夢見たDynabookの実現か?
- Macテクノロジー研究所


iPadでまたAppleはDynabookに近づいた - 反抗的ブログ

iPadはDynabookの現実形?(1) - 勝手にメディア社会論


iPad;Steve Jobs の発表を観てみた

ついに発表された iPad

その発表会の動画が観れます。
世界一プレゼンがうまい といわれる 
Steve Jobs の keynote

やっぱり、うまいね

大きい iPhone ですが、ヒットするでしょうかね
 
プロフィール
薬剤師なのにコンピュータが好き、鍼灸マッサージ師なのにプログラミングが好き。小中高校生向けのプログラミング教材を作るのが現在の日課。micro:bit、Scratch、Minecraft、Rubyなどで作成中。 FIREして2019年に世界一周クルーズしました。














月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索